医学部受験 気になる偏差値

医学部受験を考えている人たちがまず知っておくべき事は、医学部というのは大学受験の中でも最もレベルの高い学部だということです。国公立大学の医学部は全て偏差値60以上とされています。例えば、医学部の最高峰である京都大学(京大)や東京大学理科III類(東大理Ⅲ)になると、偏差値75以上です。大阪大学、神戸大学、千葉大学、名古屋大学、東北大学などがそれに準ずるレベルで、いずれも偏差値70前後というハイレベルさです。なまはんかな気持ちで受験できる領域ではないことが分かります。トップレベルの大学の医学部は、それこそ東大や早稲田・慶応に合格するのと同等、あるいはそれ以上の学力が必要です。試験問題の難易度プラスかなりの競争倍率に打ち勝たなければなりません。

国公立大学の医学部は、国の政策で各都道府県に必ず一つ以上は設けられています。なので、鳥取大学や島根大学、秋田大学や香川大学といった田舎の大学にも、必ず医学部は存在します。しかし、こういった地方の大学でも、入試の合格レベルが高くなるわけではありません。地方だから、むしろ穴場と考えられて競争倍率は高くなるのです。また、医学部受験は、子どもの努力だけでは実現できるのもではありません。私立大医学部の学費を支払える財力がある家庭だという前提が必要ですが・・・。

Posted in 医学部受験Tips


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree