医学部受験の覚悟

医学部を受けるなら、相当の覚悟が必要です。はっきり言って、医学部の浪人率は非常に高いです。医学部の浪人率が高い理由として、医学部の門の狭さがあげられます。通常の学部と比べて医学部自体が少ないですし、医学部は一学年100人前後の学生しか入る事ができません。医学部の募集人数が全体として少ないということが、医学部の浪人率が高い要因となっているんです。

その狭き門を突破するために、医学部受験ではセンター試験でのちょっとしたミスの蓄積が命取りになります。ミスはなるべく少なく抑えたいです。細かいミスは量をこなすことで減っていきます。僕の友人の通っていたある塾では、過去7年分のセンター試験を7周やらせるそうです。相当のやり込みです。しかし、ここまでしても合格を手にすることができない場合もあります。医学部を受験するなら、浪人なんか気にしてられません。むしろ浪人生の方が受験率は高いのではないでしょうか。それでも、医学部の場合何年浪人したとしても、医学部に入学できれば、医師免許を取得でき就職に困る事はありません。過酷な労働条件とは言われているものの、この就職氷河期で資格を持って仕事ができることがどれほど魅力的でしょう。さらに、就職後の賃金も非常に高くなります。その事を考えてみると、医学部の浪人率が高いのも納得ができます。

Posted in 医学部受験Tips


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree